テレワークで内部不正の可能性が高くなると言われているみたい。情報セキュリティは、まず守られない。

コロナの影響でテレワークが推奨され、
多くの企業が導入しているようだが
職種によっては、危険が大きく伴う。

・コロナ禍のテレワークは「内部不正」の温床に? さらに増える見込みか – ライブドアニュース

というよりも情報セキュリティの観点から言えば

テレワークで情報セキュリティを守れる訳が無い。

社員が会社へ行き、
職場で仕事している場合には、

会社の情報を守りながら
仕事する事が出来るだろうが

テレワークの場合、
まずネット経由で会社の情報へアクセスする場合、

VPNを使ったとしても

本当にどこまで
自宅から会社のサーバまでの通信の
セキュリティが保たれているか疑問だし

会社から貸与されたパソコンでも
自宅で使う場合、

どのような使い方をするまで
会社は把握できない。

自宅のパソコンを使う場合、
猶更、普段から
どんなパソコン環境で

どのような使い方をしているか
分からないパソコンから会社の情報へ
アクセスすること自体が危険極まりない。

特に、仕事だから仕方なく
パソコンを使っている程度の人の場合、
セキュリティの事を
あまり考えていない場合もある。

以前電車に乗っている時や
オープンカフェの辺りを歩いていると

会社の資料を丸見えで
パソコン作業している会社員を
何度の見たことがある。

思わず、
「会社情報や顧客情報が周りの人から
 丸見えですけど大丈夫ですか?」

「監視カメラなどにも内容が
 録画されていると思いますけど・・・。」

と言ってあげた方が良いのかな~とも
思った事が多々ある。

会社情報は、会社内で
扱うからこそ

情報漏洩の防止が
ある程度、保てるというのがある。

テレワークは、
コロナ感染の拡大リスクを減らすための
人の移動制限には、良いかも知れないけど

企業の取っ手は別のリスクがあるから
今後もテレワークを導入する企業が増えていけば
様々な問題が出てくると思うね!

テレワークは、短期間の限定的な導入であれば
情報漏洩のリスクが少ないかも知れないけど

あまりテレワーク状態が
長引くようであれば

企業は、テレワークを行うより

社員を出勤させ、
社内でコロナの感染リスクを減らしながら

仕事をするスタイルに変えていった方が
良いかも知れないね。

会社の機密情報や顧客の個人情報が
漏洩してからでは、遅いだろうからね。

テレワーク導入を始めた企業の
情報システム部は、みんな大忙しだろうね。