今年のIT生活。IC運転免許証で改めて思った事。スマホやICカードリーダーで読み取り。

今年、運転免許証の更新に行った際に、
IC運転免許証である事に気付いた。

何気なく更新したんだけど
家に帰ってきて調べてみると

スマホやICカードリーダーで
内容が確認出来るようだ。

IC運転免許証リーダーでネット検索してみると
GooglePlayのアプリに「IC運転免許証リーダー」がある。

androidの端末で使えるアプリのようだ。

アプリなどで表示されるデータは
殆ど免許証に表示されている内容なので
「何の意味があるの?」と思っていたら
運転免許証のIC化は免許証の偽造防止が目的のよう。

スマホのIC運転免許証リーダーアプリや
ICカードリーダーに近づけて使うようだけど
暗証番号を3回間違えるとロックが掛かるようなので

どれぐらい免許証に近づければ
スマホなどで読み取れるか分からないけど

アプリを入れている人に
悪戯でロックされないように
気を付けないといけないな。

でも前回の更新の際に設定した暗証番号も
全く使わなかったので覚えた無いけど
今回の暗証番号もすぐに忘れてしまいそう。

運転免許証は、近い内に
デジタル化されマイナンバーカードと一本化されるようで
様々な物事でIC化した免許証の情報が使われるようだ。

私として気になるのは、
運転免許証に限らずICチップを使って
必要の無い行動監視されないかどうかというところ。

運転免許証のICチップは、国の管理の元なので
ある程度良いとしても

それ以外のクレジットカードや交通系カードなど
民間のICチップ内蔵カードは、どうなんだろう。

私は、出来るだけ
持ち運ぶカード類を少なくしているので
影響は少ないと思うけど

カード類を多く持ち歩く人は、
よく考えた方が良いかもね。

それと
書き込みソフト付ICカードリーダーライターとか
使われてもIC運転免許証やICクレジットカードは
セキュリティを保てるのだろうか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)